■□ ボランティア保険 □■

ボランティア活動中に、「怪我をしてしまった」、「怪我をさせてしまった」、「物を壊してしまった」などの万が一に備えて、活動に応じて保険に加入することをお勧めします。福井県ボランティアセンターでは地域福祉活動の様々な行事や、ボランティア活動中の事故によるケガや、損害賠償責任から活動者を守る保険加入手続きを行っています。
詳しくは以下のパンフレットをご覧ください。

保険内容は平成29年度のものです。補償金額、条件などは年度によって変わることがあります

 

ボランティア活動保険  ボランティア活動保険パンフレット.pdf

特徴

  1. ボランティア活動のための往復途上の事故も補償(自動車による事故は、ボランティア自身のケガのみ補償
  2. ボランティア自身の食中毒(O-157等)や特定感染症も補償
  3. 熱中症による障害も補償
  4. 防災・災害ボランティア活動も補償
  5. 天災(地震等)によるケガも補償(天災プラン加入の場合、傷害部分のみ)

加入申込者(加入できる方)

ボランティア個人またはボランティアグループ、福祉活動等に取り組む団体等

被保険者(補償の対象となる方)

 ケガの補償:ボランティア個人
 賠償責任の補償:ボランティアの監督義務者、NPO法人

対象となるボランティア活動

日本国内における「自発的な意志に基づき他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」

 

   ※有償のボランティア活動(団体の活動従事者)については、このページ下の「福祉サービス総合補償」パンフレットをご確認ください。

補償期間

毎年4月1日午前0時から翌年3月31日午後12時までです。
4月1日以降の加入については、加入申込手続きの完了した日の翌日午前0時から当該年度3月31日午後12時までとなります。

加入申込み手続き

最寄りの社会福祉協議会の担当窓口にお申込み下さい。

補償の対象となる事故

傷害事故
ボランティアがボランティア活動中の急激・偶然・外来の事故によりケガをした場合に保険金をお支払いします。

賠償事故
ボランティアがボランティア活動中の偶然な事故により他人にケガをさせたり、他人の物を壊したことにより法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金をお支払いします。

補償内容

保険金の種類 保険金の内容 加入プラン・補償金額
Aプラン Bプラン  
傷害
事故

(注1 )
死亡保険金 ケガのため、事故の日から180日以内に亡くなられたとき、死亡保険金額の全額をお支払いします。 1,320万円 1,800万  
後遺障害
保険金
ケガのため、事故の日から180日以内に身体の一部を失ったり、その機能に重大な障害を永久に残されたときは、 その程度に応じて後遺障害保険金額の 2 ~100%をお支払いします。 1,320万円
(限度額)
1,800万円
(限度額)
 
入院保険金
(1 日につき)
ケガのため入院されたときは、事故の日から180日以内の入院日数に対して入院保険金日額をお支払いします。 6, 500 10, 000  
通院保険金
(1 日につき)
ケガのため医師の治療を受けたときは、事故の日から180日以内の通院に対し、90日を限度に通院保険金日額をお支払いします。 4, 000 6,000  
手術保険金 入院保険金をお支払いする場合で、事故発生日からその日を含めて180日以内にそのケガの治療のために所定の手術を受けられたとき、入院保険金日額に手術の種類に応じて定めた倍率を乗じた額をお支払いします。ただし、1事故につき1回の手術に限ります。
賠償
事故
賠償責任保険金
(対人・対物共通)
第三者の身体または財物に損害を与え、 法律上の賠償責任を負ったとき保険金をお支払いします。 
免責金額はありません。
5億円
(限度額)
5億円
(限度額)
 
掛金(年間) 基本タイプ [改定] A 350 B 510  
天災タイプ(注1) [改定] 天災A500 天災B 710  

(注1)天災タイプでは、天災(地震・噴火・津波)に起因する被保険者自身のケガを補償しますが、天災に起因する賠償責任の事故については補償の対象になりません。
●補償期間の中途で加入する場合も上記の保険料となります。 なお、中途脱退による保険料の払戻しはありません。
●中途でのボランティアの入替えやご加入プラン・タイプの変更はできません。
●ご加入は、お1人につきいずれか1口となります。
●複数口加入の場合でも補償は1口のみとなります。

  

ボランティア行事用保険  (ボランティア行事用保険パンフレット.pdf

加入申込者

ボランティア行事を主催する社会福祉協議会およびその構成員・会員、社会福祉協議会に登録されているボランティアグループ、団体

被保険者

 ケガの補償:行事主催者および行事参加者

 賠償責任の補償:行事主催者および共催者(参加者の実習を伴う行事の場合、行事参加者個人の実習中の損害賠償責任も補償します。)

対象となる行事

地域福祉活動やボランティア活動の一環として日本国内で行われる各種行事 
  パンフレットの行事区分表を参照してください。

加入手続

最寄りの社会福祉協議会の担当窓口にお申込み下さい。

補償内容

 
  保険金の種類 保険金の内容 補償金額




(注1)




死亡 ケガのため、事故の日から180日以内に亡くなられたとき、死亡保険金額の全額をお支払いします。 400万円
後遺障害 ケガのため、事故の日から180日以内に身体の一部を失ったり、その機能に重大な障害を永久に残されたときは、その程度に応じて後遺障害保険金額の4~100%をお支払いします。 400万円
(限度額)
入院
(1日)
ケガのため入院されたときは、事故の日から180日以内の日数に対し入院保険金日額をお支払いします。 3,500
通院
(1日)
ケガのため医師の治療を受けたときは、事故の日から180日以内の通院に対し、90日を限度に通院保険金日額をお支払いします。 2,200
手術保険金 入院保険金をお支払いする場合で、そのケガのために手術を受けたとき入院保険金日額に手術の種類に応じた倍率を乗じた額を上乗せしてお支払いします。ただし1事故につき1回の手術に限ります。









1名1事故 第三者の身体に損害を与え、法律上の賠償責任を負ったとき保険金をお支払いします。(注1) 2億円
(限度額)



1事故 第三者の財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負ったとき保険金をお支払いします。(注1) 1,000万円
(限度額)

 (注1) 賠償責任の補償の限度額は、補償の対象となるリスクの種類ごとに適用されます。

◎A・Bプランは行事開催地への往復途上のケガも補償の対象になります。Cプランは対象となりません。
   賠償責任の補償は主催者責任が問われた場合のみ往復途上の事故も対象となります。

※ Aプランにおける一行事の最低保険料は、(A1区分の場合560円/A2区分の場合2,520円/A3区分の場合4,960円)となります。 
  Cプランでは、560円です。

A1,A2,A3の区分は、行事の内容により異なります。パンフレットの行事区分表をご確認ください。
※ Bプランは、行事の種類は問いません。Bプランの行事で上記以外の日程については、別途お問い合わせください。 
Aプランで異なる行事区分が混在する行事は、行事全体が保険料の高い区分の取り扱いになります。
 (例:A1とA3が混在⇒A3)

※ 上記行事の例に記載がない行事等がございましたら取扱代理店または保険会社までお問い合わせください。 

※ Aプランの場合は、加入申込者は参加者名簿を備え付けてください。
    Bプランの場合は、参加者氏名と年齢が記載された名簿を加入申込時に提出してもらいます。

[改定] Aプラン (宿泊を伴わない行事)
A1行事 A2行事 A3行事

1日28円
(最低保険料 560円
(最低加入人数 要件なし

1日126円
(最低保険料 2,520円
(最低加入人数 要件なし
1日248円
(最低保険料 4,960円
(最低加入人数 要件なし
Bプラン (宿泊を伴う行事)
1泊2日(2日間) 239円 4泊5日(4日間) 352円
2泊3日(3日間) 293円 5泊6日(5日間) 357円
3泊4日(4日間) 298円 6泊7日(6日間) 362円
[新設] Cプラン (宿泊を伴わないかつ参加者が事前に特定できない行事)
往復途上の補償はありません。
原則建物内で開催する行事、または開催場所の境界が明確に区分できる野外会場に限ります。
例えば、ハイキング・自然観察・河原遊び等の行事はご加入いただけません。
A1区分の行事
1日 28円
(最低保険料 560円) (最低加入人数 要件なし)

その他の保険

上記以外の保険について 詳細については「ふくしの保険」ホームページをご覧ください。

http://www.fukushihoken.co.jp/(外部サイト)

 

しせつの損害補償  

社会福祉施設を加入対象とした保険で、施設の賠償事故はもちろん、施設に過失がない場合の利用者への補償などの

プランがあり、施設の施設形態・サービス形態に合わせてプランを組み合わせて加入できます。

 

社協の保険   

社協の保険は、社協が業務を行う上で想定される様々な事故を補償する社協専用の団体契約です。

 

福祉サービス総合補償   (福祉サービス総合補償パンフレットpdf)

在宅福祉サービス・介護保険サービス・地域福祉サービスなどの活動中の事故を補償します。有償で行うボランティア活動(団体の活動従事者)は、こちらの保険に加入することが出来ます。掛け金は前年度の活動実績に基づき計算します。

 

送迎サービス補償  

送迎サービス中  交通事故により利用者がケガをした。  特定した自動車に搭乗中ケガをした。 などの事故を幅広く補償します。

 

ふれあいサロン傷害補償  

社協が行うふれあいサロン活動中にその参加者が被ったケガを補償します。

最終更新日時:2017年1月30日 09時00分

情報発信元

福井県ボランティアセンター

〒910-8516 福井市光陽2丁目3番22号
TEL 0776-24-4987 FAX 0776-24-0041
E-mail volunt@f-shakyo.or.jp